医薬品販売業許可証  
     許可の区分 「店舗販売業」   許可番号 「中濃 第 10077号」  
許可年月日 「平成30年6月8日」  
有効期間 「平成30年6月8日〜平成36年6月7日」

氏名 「河上薬品商事株式会社」   店舗の名称 「ハローヘルス」
店舗の所在地 「〒501-3307 岐阜県加茂郡富加町大平賀字長峰604-1」

許可発行自治体名 「岐阜県」
特定販売届出書 「平成30年6月8日」 特定販売の方法 「インターネットによる販売」


医薬品販売に従事する専門家及び運営に関する事項

店舗管理者の氏名 「河上 智子」 
登録番号:「第 21-09-00588 号」
登録日:「2009年5月28日」

登録販売者の勤務状況 勤務シフト
月〜金 9:00〜18:00  土日 休業日 

当店舗勤務者の区別
登録販売者 名札に氏名及び「登録販売者」と記載(短丈白衣)
一般従事者 名札に氏名を記載

担当業務:相談・インターネット販売・対面販売

取り扱う一般用医薬品の区分:第2類医薬品、第3類医薬品のみをサイト上にて販売しています。

店舗及びインターネットでの販売時間(営業時間)
実店舗:9:00〜18:00
インターネット:9:00〜18:00
インターネットでの注文受付時間 365日24時間受付  
※)営業時間外はご注文のみの受付となります。

相談をお受けできる時間及び連絡先
営業時間内は常時店内又はお電話・メールにて相談をお受けします

営業時間 9:00〜18:00(店舗・ネットショップ共)
電話番号:0120-998-955
メールアドレス:hello-health@water.ocn.ne.jp





一般用医薬品の販売制度関係

一般用医薬品(第2類〜第3類・指定2類医薬品)の定義及び解説

第2類医薬品:まれに日常生活に支障を来す健康被害が生じるおそれ(入院相当以上の健康被害が生じる可能性)がある成分を含む医薬品。

指定第2類医薬品:第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品。

第3類医薬品:日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含む医薬品。


一般用医薬品の表示に関する解説

医薬品の外装に以下の通りリスク区分が表示されています。
1)指定第2類医薬品は、第(2)類医薬品または第⇔牋緻品と表示
※「(2)」は、2を四角で囲んだ文字を表しています。

2)第2類医薬品は、第2類医薬品と表示

3)第3類医薬品は、第3類医薬品と表示


一般用医薬品の情報提供等に関する解説
1)指定第2類医薬品については、薬剤師または登録販売者が積極的に情報提供をするよう努めます。(努力義務)
2)第2類医薬品については、薬剤師または登録販売者が情報提供をするよう努めます。(努力義務)
3)第3類医薬品については、薬剤師または登録販売者が必要に応じて情報提供するよう努めます。
4)登録販売者にて、全ての医薬品に関するご相談に応じています。(義務)
一般用医薬品の販売サイト上の表示の解説
一般用医薬品については販売サイト上で明確に医薬品と分かるよう表示し、当該商品名にはリスク区分に応じて
指定第2類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品が容易に判別できるよう商品名にその旨記載してます。

指定第2類の販売サイト上の表示等の解説及び禁忌の確認・専門家への相談を促す表示
指定第2類についてもリスク区分同様に指定第2類と容易に判別できるよう商品名の冒頭に
「指定第2類医薬品」と記載します。
また、商品ページにおいて禁忌の確認・専門家への相談を促す表示を行ってます。

一般用医薬品の陳列に関する解説
担当者が不在の場合は、医薬品売り場を閉鎖します(閉鎖時に販売できません)。

【指定第2類医薬品の陳列等に関する解説】
専門家が在籍するカウンター等から7m以内に陳列し、情報提供の機会を高めます。
【第2類医薬品、第3類医薬品の陳列に関する解説】
第2類医薬品、第3類医薬品をそれぞれ別々の棚に陳列します。

副作用被害救済制度の解説
医薬品は、人の健康の保持増進に欠かせないものですが、
有効性と安全性のバランスの上に成り立っているという特殊性から、
使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。
このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず
副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、
これにより被害者の救済を図ろうというのが、医薬品副作用被害救済制度です。
(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ホームページより抜粋)

<お問い合せ先>
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 救済制度相談窓口
電話番号:0120-149-931
月-金(祝日・年末年始を除く) 9:00-17:30

苦情相談窓口
行政の窓口 可茂保健所  0574 - 25 - 3111

医薬品販売時に頂いた個人情報等は、一切他の目的では使用いたしません。



 

プライバシーポリシー


プライバシーポリシー詳細


 「purewell」(以下、「当社」といいます)ではお客様に当社をご利用していただく際に、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどお取引やご連絡に必要な情報を開示していただきます。当社は、個人情報保護法を順守し、このプライバシーポリシーにのっとって個人情報を取り扱います。


1.個人情報の利用目的

当社は、当社が取得した個人情報を以下の目的で利用します。

1) お客様への商品の発送および代金の請求のため

2) 当社のサービス改善を行うため

3) お客様からのご要望やお問い合わせに対する回答をするため


2.個人情報の管理について

当社は以下の体制で個人情報を管理します。

1) 個人情報保護法やガイドラインに従って必要な社内体制を整備し、従業員から個人情報の取り扱いを適正に行う旨の誓約書を取得します。

2) 個人情報の利用を業務上必要な社員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための措置を講じます。

3) システムに保存されている個人情報については、業務上必要な社員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。

4) インターネットによる個人情報にかかわるデータ伝送時のセキュリティーのため、必要なウェブページに業界標準の暗号化通信であるSSLを使用します。

5) サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時から一定期間経過後、個人情報は随時削除していきます。


3.第三者提供について

1)不正な目的をもって商品を注文するような方にサービスのご利用をお断りするために、不正な目的での利用がなされたと判断したお取引に関する注文情報をヤフー株式会社に提供します。

2)前項の場合を除き、当社は、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

 ・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

 ・法令に特別の規定がある場合

 ・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

 ・法令や当社の利用規約・注意事項に反する行動から、当社の権利、財産またはサービスを保護または防御する必要があり、本人の同意を得ることができない場合


4.個人情報の開示について

お客様から個人情報の開示要求があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

  注:本人確認の方法

  本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、当社宛てに郵送してください。

  内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

ページトップへ